給与関連知っトク情報♪

「 給与計算 基礎知識 」 一覧

年末調整と確定申告の違いについて

   

年末調整と確定申告は、いずれも1年間の所得に応じて納めるべき所得税の金額を精算し申告、納税するまでの手続きのことです。

しかし、それぞれの対象者や申告方法、実際の申請者などに違いがあり、年末調整を受けた人でも必要に応じて確定申告も必要になる場合があります。

&n……続きを読む

令和5年度 年末調整法改正内容

   

毎年必ず行う年末調整ですが、扱う書類が多く複雑で時間がかかる業務になりがちです。

また、法改正により都度運用が変わる事も少なくありません。

本記事では、昨年度との変更点を解説していきます。

令和5年度 年末調整に関する変更点

……続きを読む

年末調整における障害者控除と注意点について

   

 

 

 

 

本記事では、年末調整における障害者控除について、基本事項や注意点について解説していきます。

 

 

もくじ

……続きを読む

賞与の所得税計算について

   

前回の記事では賞与から控除される保険料や所得税の基礎的な知識について説明しました。

賞与から控除される所得税には、特別な計算が必要になるケースがあります。

本記事では特別な賞与支払い時の所得税計算について解説していきます。

&n……続きを読む

賞与から控除されるもの-基礎編

   

賞与は非常にありがたいものですが、額面金額と手取り金額に大きな差が発生してしまうことがあります。 

 

給与と同様に、賞与でも額面金額から各種保険料、所得税等が控除されるため、額面金額を満額もらえるわけではありません。 

 <……続きを読む

賃金支払のルールについて

   

本記事では給与計算の大前提となる「賃金支払い5原則」について解説します。

そもそも賃金とは??

賃金とは、労働基準法では「労働の対償(対価)」として労働者に支払うものをいいます。

毎月の給与はもちろんの事、休業手当も賃金にあたります。

……続きを読む

日割り計算

   

給与計算をする中で、月給者が欠勤し控除をする場合や、月途中での入退社、昇給が発生した場合「日割り計算」が必要になります。

給与における日割り計算には、法的な規定がありません。そのため、計算方法等のルールは各企業の裁量に委ねられています。

とはいえ、給与は労働に対……続きを読む

代休と振替休日の定義の違いと計算方法

   

給与計算実務をしているとよく目にする代休、振替休日。

似ているようで、性質は大きく異なるものになります。

特に賃金の取り扱いが異なるため、正しく理解をしていないと会社側が余計な賃金を支払い、損をしてしまうケースも考えられます。

 続きを読む

65歳から74歳で一定の障がいのある方が加入できる後期高齢者医療制度について

   

 

本記事では、65歳から74歳で一定の障がいのある方が加入できる後期高齢者医療制度について、制度概要や給与計算における注意点を解説します。

 

 

後期高齢者医療制度は75歳未満でも加入……続きを読む

従業員の介護保険料はいつからいつまで控除する必要があるか?

   

 

 

本記事では、従業員の介護保険料について、いつからいつまで控除する必要があるか解説します。

 

介護保険とは

介護保険制度は、介護が必要な高齢者を社会全体で支える仕組みであり……続きを読む