給与計算代行サービス

給与計算代行とは

会社運営で毎月発生する業務の一つが給与計算です。正確な給与計算を行うには「税務」「労務」に関する知識が必要で、かつミスが起こらないようにする必要があります。
また給与情報は会社にとって重要な情報のひとつで誰にでも任せられる業務というわけではありません。給与システムの維持や管理、担当社員の人材教育、人件費等会社にかかる負担は意外と大きいものです。そこで給与計算をアウトソーシングすることにより社内の情報漏洩を防ぎ、時間削減、コスト削減を実現出来ます。

給与計算代行とは

給与計算代行サービスの特徴

  • 業務処理から解放

    総務の業務負担が減ることで、より本業に注力することが出来ます。

  • 高い専門性

    多様な業種と規模の給与計算経験及び豊富な知識を所持するプロスタッフが対応いたします。

  • システム利用や保守が不要

    自社で給与計算を行うと発生する給与システムの維持費や明細作成のコストが削減出来ます。

  • 業務の属人化によるリスク回避

    機密性の高い業務のため、担当者の退職リスクを避けることが出来ません。これはアウトソーシングをすることにより解決でき、また業務のブラックボックス化を防ぐことが出来ます。

コスト比較・業務比較

コスト削減効果

自社で
計算した場合

年間コスト80万円

給与計算ソフト費用

  • ・パート1名が処理
  • ・給与業務比率80%

年間

56万円

削減

70%のコスト削減

ペイロールエージェンシー

年間コスト24万円

 

従業員10名

  • ・支給控除一覧表作成
  • ・総支給額計算
  • ・社会保険料控除額反映
  • ・源泉所得税、住民税額反映
  • ・差引支給額計算
  • ・電子明細発行

業務の向上効果

給与計算代行サービス導入前

法改正などに伴う
対応が大変

属人化している

コア業務に
時間がとれない

機密情報を扱う
プレッシャー

業務集中による
残業の増加

給与計算代行サービス導入後

法改正に
自動で対応

担当者の不在でも
業務品質維持

コア業務に集中

機密情報を扱う
プレッシャーから解放

時間外労働削減

ペイロールエージェンシー
給与計算代行サービス

  • 給与・賞与の計算

    月次料金内で対応いたします!

  • 年末調整補助サービス

    提携の税理士事務所で行った年末調整の結果を給与に反映します。

  • 給与明細作成

    電子明細・WEB明細・紙明細全て対応可能!

  • 住民税徴収額反映

    毎年6月支給給与から新しい控除額を反映!

  • 勤怠管理

    勤怠管理システムの導入を支援します!

  • 入退社の手続き

    提携の社会保険労務士法人で行います。

労働・社会保険業務
サービス

毎年7月10日までに申告納付が必要になります。

  • 労働保険の年度更新

    毎年7月10日までに申告納付が必要になります。

  • 算定基礎届提出

    毎年7月10日までに届出が必要。9月分の保険料から反映となります。

  • 保険関係

    保険証の発行や離職票の発行は提携社労士法人にお任せ!

主な年間スケジュール

1月
  • ・法定調書の提出(税務署)
  • ・給与支払い報告書の提出(市区町村)
3月
  • ・健康保険、介護保険料率変更
4月
  • ・給与改定処理(4月改定の場合)
  • ・雇用保険料率変更
6月
  • ・住民税の新年度控除額を登録
  • ・賞与計算(6月支給の場合)
7月
  • ・労災保険:年度更新(保険料計算)
  • ・社会保険:算定基礎届提出
9月
  • ・厚生年金保険料率変更
  • ・定時算定による保険料改定
12月
  • ・年末調整計算
  • ・賞与計算(12月支給の場合)